R-1ヨーグルトのアトピー効果

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

R-1ヨーグルトのアトピーへの効果

R-1ヨーグルトや、R-1ヨーグルトに配合されている1073R−1乳酸菌にアトピーへの効果は発表されていません。

 

 

ただそれはアトピーに効果がないというわけではなく、単に1073R-1乳酸菌のアトピーへの効果の研究をする気がないだけというか。
アトピーとR-1乳酸菌の関係が実験や研究されていないだけだと言えます。
研究するのもお金がかかります。

 

1073R−1乳酸菌は免疫力を高める効果やインフルエンザ予防効果が発表されています。
それで十分だと明治は思っているのかと。
わざわざアトピーとの関係を発表しなくても十分売れていますから。

 

 

たくさんの効果があると、1つ1つの効果が弱く感じることもありますからね。
「アトピーにもインフルエンザにも、花粉症にも美容にも効果がある」
なんて聞くと、1つ1つの効果が軽視されやすいです。

 

 

 

 

 

R-1ヨーグルトはアトピーに効果が期待できるのか?

アトピーは腸が弱っているからでる症状と言われています。
他にも免疫力が弱っているから出る症状とも言われています。

 

アトピーの症状がでるのはTh1細胞とTh2細胞のバランスが崩れているからとも言われています。

 

 

R-1ヨーグルトで免疫力を高める(整える)ことで、アトピーが改善する可能性は高いです。

 

 

R-1ヨーグルトをアトピー改善のために食べるというのは、間違ったことではないです。

 

 

アトピーがよくなったり、アトピーが完治するのかは別の話として。
R-1ヨーグルトがアトピーにプラスになることはまちがいないです。

 

 

まぁアトピーの治し方自体が、健康に良いことの積み重ねだと自分は思っています。
なのでR-1ヨーグルトとか、アトピーに良い乳酸菌がどうとかの話ではなく。

 

アトピーに良いことを増やして、アトピーに悪いことを減らす。
その結果アトピーがよくなりやすいです。

 

まぁなにもしなくても若い人なら自然治癒力が働いているので。
アトピーってよくなっていくものです。

 

アトピーがよくなっていかない人は、どこかでアトピーに悪いなにかがあるのだと思います。
それを見つけるのが先決だなぁ。
アトピーに悪いことを続けていると、そりゃーアトピーはよくなりませんからね。

 

 

 

 

 

R-1ヨーグルトでなくてもいい事実

ただアトピーのためにR-1ヨーグルトにこだわる必要性がありません。

 

「免疫力を高めてアトピーを治したい!」
というのなら、R-1ヨーグルトにこだわるのもなんとなくわかります。

 

でもそれはアトピーのためにR-1ヨーグルトを食べているのではなく、あくまでも免疫力を高めるためにR-1ヨーグルトを食べていることになります。

 

 

実際のところどんなヨーグルトでも乳酸菌を配合している点で、アトピーにいいといえます。
R-1ヨーグルトにこだわる必要はないんです。

 

でも、数あるヨーグルトの中で
「R-1ヨーグルトを続けよう」
というのは悪いことではないです。

 

「R-1ヨーグルトが断続して続けやすい」
というのなら、R-1ヨーグルトでアトピー改善を狙ってみてはいかがでしょうか。

 

R-1ヨーグルトは林修先生も毎日食べているとヤフー知恵袋民が言っていました。
悪いヨーグルトではないです。
魅力的なヨーグルトです。

 

 

アトピーを治そうとがんばっても、風邪を引いて体調を崩してはどうにもなりません。
アトピーの人が、風邪やインフルエンザにならないという保障もないですし。

 

R-1ヨーグルトはいいヨーグルトだと思いますよ。
ちょっと値段が高いですけどね。

 

 

腸が健康になれば、体によいことがたくさんあります。
腸は第2の脳とも言われていて、腸が健康になれば脳にも良い影響があるとされています。

 

 

「アトピーに良い乳酸菌がほしい!」
とこだわらずに、乳酸菌が摂取できるのなら、種類をこだわらずいろいろ摂取していくといいと思います。

 

まぁでも乳酸菌を配合した食べ物が、健康に悪そうな食べ物なときは注意です。
味噌や醤油にも乳酸菌が配合されているといわれていますけど。
味噌や醤油を使いすぎていると、塩分取りすぎで健康に悪そうですよね。