LGG乳酸菌は海外で発見された

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

LGG乳酸菌は海外で発見された乳酸菌!いろいろな国が関わっている

日本にはいろいろなメーカーがあり
それぞれが乳酸菌を保有しています。

 

ヤクルトは乳酸菌シロタ株。
明治はLB81乳酸菌や1073R-1乳酸菌。
森永はBB536乳酸菌。

 

このように日本のメーカーがみつけた乳酸菌が多いです。

 

 

ですがLGG乳酸菌はタカナシが見つけた乳酸菌ではなく
海外で発見されて、いろいろと研究された乳酸菌をタカナシが使用しているということで
海外で見つかった乳酸菌なんですよね。

 

 

もちろん「だからどうした?」といわれれば、困ってしまうのですが
日本のメーカーが見つけた乳酸菌と
海外で発見された乳酸菌では、海外でいろいろと研究されたもののほうが
安心できるという人もいるのではないでしょうか。
もちろんその逆の人もいるでしょうけど。

 

LGG乳酸菌がアトピーにいいという研究も
海外でおこなわれたわけで、そういう点で信頼できると感じる人もいるのではないでしょうか。

 

 

LGG乳酸菌はアメリカタフツ大学の教授であるゴルバッハ氏が発見して
それをフィンランドのメーカーが製品化。
そしてLGG乳酸菌の研究結果はイギリスの医学誌に発表されたということで
さまざまな国が関わっている乳酸菌といえるでしょうね。

 

LGG乳酸菌を配合した製品は世界40カ国以上で商品化されているということで
海外にいったときは、LGG乳酸菌を配合した乳製品を
探してみるのもおもしろいかもしれません。

LGG乳酸菌は海外の乳酸菌関連ページ

LGG乳酸菌は妊娠中の女性におすすめ
LGG乳酸菌のアトピーへの効果は、生まれてくる子がアトピーになる可能性を低くするという、ちょっと変わった効果があります。
LGG乳酸菌のアトピーへの効果
LGG乳酸菌のアトピーへの効果を紹介します。妊娠中の女性がLGG乳酸菌を摂取したところ、生まれてきた子供がアトピーになる可能性が減ったという調査結果がでています。