バニラヨーグルトの健康効果

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

日本ルナのバニラヨーグルトは健康にいい効果が期待できる?

日本ルナから販売されているバニラヨーグルトは、おそらく日本のヨーグルトで一番甘いヨーグルトだと思います。

 

 

はじめてバニラヨーグルトを食べたときは驚きました。
すっごく甘かったですから!

 

ヨーグルトといえば、甘いというよりさっぱりしています。
「ヨーグルトはすっぱい」
という人がいますけど、そういうヨーグルトは最近少ないです。

 

でもヨーグルトは甘いというより、さっぱりしているものが多いです。
そんな中、バニラヨーグルトは甘みが強いヨーグルトです。

 

そしてその甘さが決して甘すぎて嫌になる感じではないんです。

 

 

バニラヨーグルトは今では数あるヨーグルトの1つです。
でも、当時発売されたときは
「こんな甘いヨーグルトがあるのか」
と思ったりしたものです。

 

わが家では、当時ブームになっていたアロエヨーグルト以上にバニラヨーグルトがブームになったようで…。
冷蔵庫をみると、いつもバニラヨーグルトがありましたね。

 

いやそれまではいつもアロエヨーグルトがあったんですよ。
それがバニラヨーグルトの味を知ってから、バニラヨーグルトが常に家にありました。

 

 

加糖ヨーグルトはたしかに甘いです。
でもバニラヨーグルトは甘さのタイプが他のヨーグルトとは違うといえばいいかな。
砂糖を入れただけではできない甘さです。

 

自分的にはバニラヨーグルトが一番甘いヨーグルトだと思っています。
ヨーグルトと言っていいのかも迷ってしまうヨーグルトとなっています。
おいしいのでバニラヨーグルトを好きな人も多いと思います。

 

 

一般的なヨーグルトは乳酸菌を配合した発酵食品で健康にいいとされています。
バニラヨーグルトもヨーグルトという名前はついています。
でも他のヨーグルトと同様に健康にいい効果があるのかどうかは疑問に思うところがあります。
甘すぎるから!

 

 

バニラヨーグルトを販売している日本ルナが、バニラヨーグルトの健康効果をアピールしていないのも気になります。

 

日本ルナのサイトのほうにはバニラヨーグルトの紹介文が
「まるでバニラアイスのような、デザートヨーグルト」
と、「デザートヨーグルト」と言っちゃっていますからね。

 

 

カルピス社から販売されているカルピスと同じ扱いな気がします。
人気があり乳酸菌は配合されているんだけど、健康にいいというイメージは強くない。
そういう製品って結構あります。

 

 

 

 

 

バニラヨーグルトには配合されている乳酸菌の種類が書かれていない

 

ヨーグルトの中には、ヨーグルトに配合されている乳酸菌の種類が明記されているものがあります。

 

たとえば、明治ブルガリアヨーグルトはLB81乳酸菌。
森永ビヒダスはBB536乳酸菌。

 

 

配合された乳酸菌名が明記されています。

 

 

でもバニラヨーグルトのパッケージをみても、乳酸菌名が明記されていません。
ただ、これは乳酸菌が配合されていないわけではないはずです。

 

なぜならヨーグルトを作るためには、絶対に乳酸菌は必要だからです。
ヨーグルトは、生乳に乳酸菌を入れて醗酵させたものです。
じゃないと、固まらないはずです。

 

「なんちゃってヨーグルト」
なら別の原材料で固めることはできますけどね。

 

 

バニラヨーグルトに配合されている乳酸菌が、質の高いものなら健康効果もあるように感じます。
でもバニラヨーグルトに配合されている乳酸菌名は書かれていません。

 

 

カルピスが健康にいいのかどうかとなると、疑問に思います。
このバニラヨーグルトも健康にいいのかどうかは、微妙なところのように感じます。
どちらも甘いので砂糖が使われている分、乳酸菌の健康効果が打ち消されている可能性を感じます。

 

ただ、バニラヨーグルトはヨーグルトには違いないです。
体には優しい食べ物だと思います。

 

 

甘すぎるので、食べすぎはよくないですけど。
お菓子やジュースといった砂糖が大量に使われているデザートよりは体に優しいはずです。

 

【バニラヨーグルトの口コミはこちら】
バニラヨーグルト口コミ

 

バニラヨーグルトに健康にいい効果を期待して買う人は少ないと思います。
というか、昔はそこまでヨーグルトの健康効果は注目されていなかった気がします。

 

アロエヨーグルトも、ヨーグルトの美容効果というより、アロエが美容にいいということで人気だったような。

 

 

今もアロエの美肌効果は注目を集めていますけど。

 

それ以上に乳酸菌というか、腸内環境を整えることのメリットが重要視されていますよね。
テレビでは腸を健康にすることをテーマにした番組もちょくちょく見かけます。

 

 

バニラヨーグルトは、健康意識が高まっている現在では、厳しいヨーグルトかもしれません。
でもヨーグルトは健康目的だけで食べられているわけではないです。

 

アイスも自分へのご褒美として高級アイスを買う人がいるように。
バニラヨーグルトの味を好んで買う人は多いと思います。

 

 

バニラヨーグルトは、おいしいのに値段がそれほど高くないのもいいですよね。
3つ入りで安いときは120円ぐらいで買えたような…。

 

ただ毎日続けていると飽きそうな気がします。
ヨーグルトって断続して食べることで、乳酸菌が効果を発揮するといわれていますけど。

 

 

バニラヨーグルトは週1回ぐらいで食べることで、より新鮮においしく食べれそうです。
どうしても人間同じ物ばかり食べていると、舌が慣れてしまってイマイチに感じますからね…。

 

 

 

 

 

バニラヨーグルトで太った思い出

 

うちの親は甘いもの好きで、このバニラヨーグルトが好きなんです。
一度ハマると、とことん同じものを買ってくるので、自分が子供の頃は冷蔵庫に常にバニラヨーグルトがありました。

 

自分も子供の頃はヨーグルトは健康効果なんて気にせず、デザートとして食べていました。
そんな感じで食後のデザートにバニラヨーグルトを1日1個食べていたら、みるみる太りました。

 

バニラヨーグルトのせいで太ったというより、バニラヨーグルトをデザートとして食べると

 

デザートの中でもカロリーが高い部類

 

なんですよね。

 

 

バニラヨーグルトのカロリーは1個100gあたり111kcalとなっています。

 

 

1gあたり1kcal以上あるわけで、たしかにカロリーは高いです。
でもカロリー以上に、バニラヨーグルトは太るなにかがあるように感じます。

 

生クリーム入りだからなのかな?
生クリームがどっさりついたケーキを食べていると胸焼けしてきますし。

 

 

もし他のヨーグルトを食べて太ったのなら、健康的に太ったように感じます。
無糖タイプのプレーンヨーグルトを食べて太ったのなら、それはしょうがないと思うんです。

 

でもバニラヨーグルトで太るというのは、どこか健康的ではないような…。
甘いものを食べて太っただけに過ぎないというかな。

 

 

バニラヨーグルトはとにかく甘いので、その甘さに舌が慣れてしまうのかもしれません。
そのためバニラヨーグルトでも、味の濃いものを好むようになり太りやすくなるのかもしれません。

 

バニラヨーグルトに似た製品としては、アイスの「チェリオ」があると思います。
チェリオは、パリパリチョコの中にバニラアイスが入っているんですけど。
そのバニラアイスの中に、さらに板チョコが入っているんです。

 

それだったら、チョコモナカジャンボも似たようなんですけど。
チョコモナカジャンボはなぜか甘みが抑えているように感じます。

 

でもチェリオは甘みの中に、さらなる甘みがあって、あれも太りやすく感じます。

 

 

 

毎日ヨーグルトを食べているが、太る気配はない

自分は今は健康のため、毎日ヨーグルトを食べています。
でも普通のヨーグルトでそこまで太るようなことはないです。
最近は無糖タイプのヨーグルトばかり食べているからかもしれませんが。

 

 

普通のヨーグルトでも、それなりに高カロリーなんですよ。
でも自分は今現在毎日ヨーグルトを食べていますけど、太るようなことはありません。

 

 

なぜバニラヨーグルトになると、太りやすいのか?
そこがちょっと気になります。

 

子供の頃は毎日食後のデザートとしてバニラヨーグルトを食べていたのが悪かったのかもしれません。
結構満腹になったところからのバニラヨーグルトはやばかったかも。

 

当時はジュースもよく飲んでいたからなぁ。
砂糖を過剰摂取しすぎたかな。

 

 

バニラヨーグルトの甘さは砂糖の甘さとちょっと違う気がします。
バニラヨーグルトの甘さこそ太りそうな味がすると思いませんか?
バニラアイスも太りそうですよね。
バニラがやばいのかな。

 

バニラヨーグルトってどこかこってりしているというか、味が濃いですよね。
濃い味の食べ物って太りそうなイメージがあるなぁ。

 

 

 

 

 

自分が思う太りやすい食べもの

 

バニラヨーグルトに太る効果を期待している人がいます。

 

太るのって多くの人にとってはデメリットだと思うんです。
でも人によっては太りたい人もいるらしく…・。

 

そんな人に自分が思う太りやすい食べ物を紹介します。
もちろん自分が感じたことなので、絶対に太るとかはありません。
あしからず。

 

 

・カツゲン

 

北海道限定販売とされているカツゲン。
これを飲んでいたら太りました。

 

すごく甘いので、食事どきにカツゲンを飲んで、食後のデザートにバニラヨーグルトを食べれば太りそうです。

 

 

 

 

・チェリオ

 

さっきも紹介したチェリオ。

 

外がパリパリしたチョコアイス。
その中にバニラアイス。
バニラアイスの中にチョコバー(板チョコ)をさらにいれたチェリオ。

 

チェリオに限らず外がパリパリのチョコアイスは太りやすい気がします。
チョコの影響よりも、チョコの中のバニラがすっごく甘いのが太りやすい気がします。

 

チョコの甘さに負けないように、中のバニラアイスも甘くしているのかもしれませんね。
そして、さらにバニラアイスの中に板チョコが入っているわけだもんなぁ。

 

 

食事どきにカツゲンを飲み、食後のデザートにバニラヨーグルト。
そしておやつにチェリオでも食べていれば完璧です。

 

もちろん食事もしっかり食べてください。

 

 

 

太りやすい食べ物の共通点

 

太りやすいものの共通点がわかりました。
太りやすいものの共通点は2つです。

 

それは

  • 冷たい
  • 甘い

この2点ですね。

 

 

なんとなく理由わかります。
冷たいから体の代謝を落として、カロリー消費が悪くなる。
甘いのは砂糖などの影響で、太りやすくなるのでは?

 

 

ただ、米ってあたたかい米より、冷えた米のほうが太りにくいってされているんですよね。
でもそれは、米からレジスタントスターチだっけかな、それがでているから太りにくくなるわけであって。

 

冷たい米は消化に悪いので、腸が悪い人は注意だとテレビの医者が言っていました。

 

 

あぁ、そう思うと太りやすいものにはさらに共通点が1個ありますね。
「結果的に液体」
そういうのも太りやすい気がします。

 

やっぱりあまり噛まないと太るのかな。

 

 

 

 

 

バニラヨーグルトにはいろいろな種類が登場中

バニラヨーグルトは、前はプレーンタイプだけでした。
でも最近はいろいろなバニラヨーグルトの種類が登場しています。

 

 

カスタード味のバニラヨーグルト。
普通のバニラヨーグルトでも甘いのに、カスタード味とか…。

 

 

 

こちらはあまおう苺味のバニラヨーグルト。
いちご味ですね。

 

これもいちご味といわないで、あまおう苺というところがいかにも甘そうです。

 

 

 

これは赤城乳業と共同開発のバニラヨーグルトのアイスです。
たしかにヨーグルトより、アイスと言った甘さが特徴の製品として相性がいいかもしれません。

 

実際に食べたところ、普通のバニラアイスのほうがおいしかったです。
なんだかんだでヨーグルト味なので、ちょっとすっぱかったです。

 

 

いろいろありますが、やっぱり普通のバニラヨーグルトが一番おいしいですよ。
普通のバニラヨーグルトが抜群の甘さなので、他の種類のバニラヨーグルトも甘いんですが、ちょっと物足りない甘さかな。
甘さに邪魔が入るといったほうがいいかもしれません。

 

おすすめは普通のバニラヨーグルトです。

 

 

 

バニラヨーグルトはプリンやゼリーと同じデザート?

 

バニラヨーグルトの健康効果はほとんど話題になっていません。
バニラヨーグルトはデザートと考えて食べるべきです。

 

 

ヨーグルトは4つつきのものが多いです。
一方のプリンやゼリーは3つつきのものが多いです。

 

これがなぜかというと、プリンやゼリーはお菓子感覚で食べるもので、4人家族だとお父さんが食べないから3ついりが多いと言われています。

 

一方のヨーグルトは健康にいいので4人家族だとみんな食べるから4ついりが多いとされています。
テレビでそう言っていました。

 

 

バニラヨーグルトは1パック3個入りの商品です。
ヨーグルトなんだから、普通に考えれば4個入りであるべきだと思うのですが、3個いり。
バニラヨーグルトはデザートなヨーグルトとメーカー側も考えているのかもしれません。

 

 

 

 

 

バニラヨーグルトは一度は食べたいヨーグルト

 

バニラヨーグルトは味に特化したヨーグルトだと思います。
すごく甘いヨーグルトながら、値段がそこまで高いというわけでもないです。

 

よく最近の女性はアイスもチョコも高級なものを買って、自分にご褒美とか言われていますけど。
ヨーグルトならバニラヨーグルトを買えば幸せになれる甘さです。

 

もしバニラヨーグルトを今の値段より2倍高くても、アリだったと思います。
むしろハーゲンダッツの位置を得られていたかもしれません。

 

 

バニラヨーグルトの甘さは他のヨーグルトとは比べ物になりません。
それなのにあまり定番化しないのは
「ヨーグルトは健康効果も実感できてなんぼ」
だと思っている人が多いからなのかもしれません。

 

 

たしかにバニラヨーグルトは甘くておいしいです。
でも、毎日食べたいと思うようなヨーグルトでもないかもしれません。

 

ヨーグルトとプリンだったら、プリンのほうが甘いです。
でもプリンを毎日食べたいのかというとそういうわけでもなく、さっぱりとした無糖ヨーグルトのほうが毎日食べるのなら続きそうです。

 

 

バニラヨーグルトは甘すぎる方向に力を入れすぎたゆえに、万人に好かれなくなってしまったかもしれません。
一部に熱狂的なファンがいるんですけどね。

 

 

 

バニラヨーグルトは値段設定を失敗したのでは?

バニラヨーグルトって味が濃厚な割に、値段が安いと思いません?

 

そりゃヨーグルトですから、それほど原価がかからないものだと思います。
でも、ヨーグルトの中にはグルメファンという、とても高いヨーグルトもありますよね。

 

 

バニラヨーグルトの甘さは、高級アイスと似たようなイメージがあるので…。
日本ルナはもっとバニラヨーグルトの値段を高くして販売してもよかったと思います。

 

 

「安いほうがいいに決まっている!」
と購入する側としては思います。

 

でも人ってどうしても肩書きに弱いので
「値段の高いものうまい」
と思いがちです。

 

 

バニラヨーグルトは味がすごく甘くて、高級感があると自分は思っています。

 

 

容器もどこか高級感がありますよね。
まぁ牧場の朝と比較するのはかわいそうですけど。

 

 

いや、自分は牧場の朝も好きなんですけど。
あのチープさというか、とろみのないやわらかさ(硬さ)がいいです。

 

 

牧場の朝のほうが3つ入りで80円ぐらいなので、安いんですけど。
バニラヨーグルトも安売りしているときは、3つ入りで130円ぐらいなんだよなぁ。

 

値段が安いって、どうしても軽視されてしまいます。
バニラヨーグルトの健康効果がないように感じるのも、値段が結構安いからかもしれませんね。

 

 

グルメファンだって、配合されている乳酸菌は明記されていないはず。
でも値段が高いから
「なんか、体によさそうなヨーグルトに感じる」
って思いますもん。

【日本ルナ】バニラヨーグルトは健康にいい効果がある?乳酸菌の謎関連ページ

無糖ヨーグルトと加糖ヨーグルトの違い
ヨーグルトには、砂糖が入っていない無糖タイプのヨーグルトと、砂糖が入っている加糖タイプのヨーグルトがあります。
【ヨーグルトが嫌い】健康目的でも食べないほうがいいかも!苦手なものを無理して食べるのは苦痛
ヨーグルトのよさは健康にいい点と同時に、おいしい点があげられます。ヨーグルトが嫌いな人は健康目的でもヨーグルトは食べないほうがいいかもしれません。
乳酸菌サプリメントのほうがヨーグルトより上?
最近は乳酸菌サプリメントも多くなってきましたが、ヨーグルトより乳酸菌サプリメントのほうが効果が高いのでしょうか。
ヨーグルトは好きか?ヨーグルトが嫌いなら別のものがいいかも
ヨーグルトが好きなのかどうかはアトピーを治す上で重要なことです。ヨーグルトが嫌いなら別のもので健康になるのがいいかも。
ヨーグルトに飽きる人が多数だと思われる
健康のためにヨーグルトを食べるというのは、続かない人が多いように感じます。
特別なヨーグルトは必要としない
特別なヨーグルトでなくてもいいんです。スーパーで売っている普通のヨーグルトで十分です。
管理人はいまでも毎日ヨーグルトを食べています
ヨーグルトをいまでも食べています。ヨーグルトを食べない理由が特にない。
ヨーグルトを食べるより、アトピーに悪い食べ物を食べないことが重要
ヨーグルトはアトピーに効果がありますが、それ以上にアトピーに悪い食べ物を食べないことが重要です。
ヨーグルトを健康のために食べる
ヨーグルトは健康にいいと信じて食べるのが重要です。いちいち効果を考えていてはどうにもなりません。
ヨーグルトは治す効果より、予防効果が高い
ヨーグルトの効果は病気を治す効果というより、病気を予防する効果が高いです。
ヨーグルトを買う出費を惜しむのはおかしい
「ヨーグルトを買うお金がもったいない」という人は、病院で払うお金についてはもったいないと思わないところがあります。