カスピ海ヨーグルトのアトピー効果 乳酸菌とねばり

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

カスピ海ヨーグルトのアトピーへの効果!

カスピ海ヨーグルトがアトピーに効果があるとされています。
それはクレモリス菌FC株がアレルギーにいいという研究結果からそう考えられます。

 

 

ただこれはフジッコのカスピ海ヨーグルトに使われている乳酸菌の話なわけで。
別のカスピ海ヨーグルトになると、また話が変わってくることになります。

 

 

カスピ海ヨーグルトといえば、普通のヨーグルトとの違いはとろみがあるヨーグルトだと思います。
とろみがあるから、満腹になりやすくダイエット対策としてカスピ海ヨーグルトを食べる人もいます。

 

 

このとろみこそアトピーを改善する鍵になるかもしれません。

 

ねばりやとろみのある食べ物は健康にいいとされています。
納豆や、長いも、もずくなんかがそうですね。
どれも健康にいいとされています。

 

 

カスピ海ヨーグルトもとろみあるヨーグルトです。
カスピ海ヨーグルトを販売しているフジッコは、この粘り成分EPSに健康にいい効果があると発表しています。

 

案外この粘り成分EPSがアトピーを改善させる鍵を秘めているかもしれません。
粘り成分は免疫力を向上させる効果もあるとのことです。

 

 

アトピーは免疫力が弱っているから出る症状だともされています。
乳酸菌も腸内環境を整え、免疫力を高めるとされています。
さらに粘り成分もあいまって、免疫力が高まることでアトピーが改善する可能性は高いです。

 

 

ヨーグルトではなく、カスピ海ヨーグルトだからこそ、アトピーを改善できる効果があるのかもしれません。
案外アトピーを改善するのに大事なものは、その食べ物の健康効果ではなく、粘りやとろみがあるのかどうかかもしれません。

 

作られたような粘りやとろみはどうかと思うのですが、自然のものが発生させた粘りやとろみというのは健康に高いイメージがあります。

 

 

 

 

 

粘りのある食べ物はアトピーを改善させる?

粘りのある食べ物ってアトピーに良いと思うんです。

 

ねばりのある食べ物としてまっさきに名前が思い浮かぶのが
【納豆】
ですよね。

 

 

納豆はアトピーに良いというか。
健康すべてに良いイメージがあります。

 

 

わかめや昆布は表面がぬるぬるしています。
もずくもぬるぬるしていますよね。

 

 

このぬめりがフコイダンとか言われていて、最近は健康効果が注目を集めています。

 

そういうぬめりを抜きにしても、アトピーの人にとっては海藻は健康にいい食べ物として。
まぁそんなに注目されているわけでもないですけど。
海藻系は食べても問題ない食べ物として、よく名前があがっていますね。

 

アトピーでも食べれる食べ物として、海藻系って結構名前があがりますよね。
まぁアトピーで食事制限とか、そんなに厳しくしなくてもいいと思うんですけどね。
厳しくしないと、アトピーに悪いものばかり食べる人がいるのかなぁ。

 

 

そんな感じで、ねばりやぬめりがある食べ物って健康によいものが多いわけです。
納豆食べて、海藻食べて、カスピ海ヨーグルトを食べれば、アトピーがよくなっても不思議ではないというか。

 

アトピーなんていうものは、健康にいいことの積み重ねで治るものだと自分は思っています。
なのでアトピーに良い食べ物を1つだけとかしぼらないで、いろいろ探してそれらをいろいろ食べればいいと思いますね。
アトピーに良くて、おいしいものを見つけられれば最高です。

 

 

 

 

 

まとめ

カスピ海ヨーグルトがアトピーに良いのか?
それは

  • クレモリス菌FC株がアトピーに効果(フジッコの物)
  • とろみがアトピーに良いかも

こういった点が考えられます。

 

 

まぁ食べてみる価値はあると思います。
カスピ海ヨーグルトを食べることで、アトピーが治るとか、そんな簡単な話ではないと思います。
でもアトピーに良い食べ物の1つであるとは思います。

 

 

ぶっちゃけ普通のヨーグルトより、フジッコのカスピ海ヨーグルトを食べる価値は十分あると思います。
フジッコのカスピ海ヨーグルトって生乳100%ですから。
他のメーカーのヨーグルトと比べても、生乳の質でも高いと思いますからね…。

 

ヨーグルト自体がアトピーに良いとされているので
「どのヨーグルトを食べようかな」
と思ったら、カスピ海ヨーグルトを選ぶのは良いチョイスだと思います。

 

ただ、そのまま食べるのは子供には結構きついかも。
とろみがあって、甘くないっていうのは子供にとってはきついと思うので…。
どうやって食べさせるのかの工夫が重要になってくると思います。

 

 

大量に砂糖を入れたりするぐらいなら、なんかもっと食べやすいヨーグルトを選んだほうがいいような気がしないでもない。

 

 

自分はカスピ海ヨーグルトはたまに食べているんですけど。
食べると便秘が改善しやすい気がします。
なのでなかなかの健康効果を実感しているような…。

 

 

自分は普通のヨーグルトなら、あっさりしているので簡単に食べれます。

 

 

無糖タイプのプレーンヨーグルトも、なにも入れないでそのままパクパク食べれるんですよ。

 

 

でもカスピ海ヨーグルトはとろみがあって、ボリュームがあるので。
腹が結構満腹なときは、自分でも甘みがほしくなります。

 

カルピスの原液とか、薄めて飲むタイプの酢を入れたりしていますけど。
そうすると、かなりおいしいですね。

 

 

カスピ海ヨーグルトはそのまま食べるのは、結構きついと思います。
毎日カスピ海ヨーグルトを食べているのなら、そのまま食べるのも慣れるのかな。

 

生乳100%ということで、良質なヨーグルトだというのはわかるんですけど。
もっさりしているから、なんかそのまま食べると飽きるというか。
むしろもうちょっと酸味がほしいとおもったりするかも。