アトピー対策と相性

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

アトピー対策は人との相性で決まる!

アトピーの代表的な薬としてステロイドがあります。

 

 

自分もアトピーのときは、ステロイドを使っていました。

 

実際はマイザーと書いてあったので、ステロイドではなくマイザーという薬だと思っていました。
このマイザーという薬が、ステロイドだとわかったのは相当後だったんですけどね。

 

いや、当時はネットなんかも普及していませんでした。
そりゃわからないでしょ。

 

 

結局このマイザー(ステロイド)をつかっている間はアトピーが治らず
アトピーが治ったのはステロイドをやめてかなり経過してからでした。
いまだに軽いアトピーは発症していますけどね・・・。

 

 

ステロイドを例にすると

  • ステロイドでしかアトピーは治せない
  • ステロイドはアトピーには効果がない

この2つの発言はよく聞きます。

 

でも、この2つの発言は真逆のことを言っています。
では、どちらかが嘘を言っているのでしょうか?

 

実際は、どちらも本当にそう思って発言したといえるでしょう。
そして、どちらも正解であり、間違いであるといえます。

 

なぜなら

 

アトピーというものは人との相性で対策も変わってくる

 

からです。
人によって、効果的なアトピー対策は変わってきます。

 

 

 

 

 

アトピーでも原因は人それぞれ

なぜならアトピーという症状は、原因が人それぞれ違います。

 

アトピーになった原因が違う以上、その原因を解消させるためには
アトピー対策も変わるのはあたりまえ
なんです。

 

 

つまり病院に行って、アトピーの人すべてに同じ対処法をするところはポンコツです。
アトピーの症状や考えられる原因を聞いて、そこから対処法を考えるのが良い病院であり医者です。

 

まぁ医者がそこまでするはずもないんですけどね。
結局仕事なわけで、テンプレというか、アトピー対策の定番みたいなものをするだけです。

 

 

ステロイドでアトピーが治る人もいれば、治らない人もいる。
それって当然なんですよ。

 

かきむしっているからアトピーが治らない人にステロイドを処方すれば、かゆみどめになりますからアトピーは治ると思います。
かきむしっていないんだけど、さっぱりアトピーがよくならない人にステロイドを処方しても、意味はないと思います。

 

つまりステロイドって、アトピーのかゆみに困っている人に処方する薬なんです。
アトピーの人すべてにステロイドを処方してもどうにもなりません。

 

 

 

 

 

ヨーグルトのアトピー対策は腸内環境を整えるもの

このサイトで扱っている、ヨーグルトでのアトピー対策も、効果があった人もいれば、効果がなかった人もいます。

 

でも、それはあたりまえのことなんですよ。
ヨーグルトを食べて期待できる効果というのは

 

腸内環境を整える効果

 

であって、元から腸内環境が整っているアトピーの人は無駄とはいいませんが、それほど効果は実感できないはずです。

 

 

でも、腸内環境が崩れている人にとってはヨーグルトを食べて、腸内環境が整えば
その結果、アトピーが改善する可能性は高いはずです。

 

どんなアトピー対策にも、相性がいい人もいれば相性があまりよくない人もいます。
だから、アトピーには正解もなければ、間違いもないといえます。

 

 

アドバイスをするのなら

 

健康に良いことをして無駄になることはない

 

という点です。
もし、アトピー対策に不信感を感じるようになったのなら
アトピー関係無しに、健康によさそうなアトピー対策を実践するのをおすすめします。

 

 

乳酸菌の種類によっても
「相性で効果があったりなかったりする」
とされていますから。
なんか相性というより、効果がなかったときの言い訳を準備されている気もしますけどね。

 

病院なんかも、行って治ったのなら相性がよかったとかそういう系なのかもしれませんね。
ただ、やっぱり本人が
「これで治る!」
と思うのはアトピーを治すのに大事なことだと思います。