アトピーの人のヨーグルトの食べ方

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

アトピーの人のヨーグルトの食べ方

自分はアトピーで毎日ヨーグルトを食べています。

 

 

まぁ特に食べ方とかこだわらなくていいと思うんですけど。
自分が思うことを書いてみようと思います。

 

 

あ、ヨーグルトには乳酸菌が配合されていて。
この乳酸菌が腸内環境を整える効果が期待できるので、アトピーに良いわけですね。

 

アトピーは腸内環境が弱っているから発症するとか言われていますよね。
まぁ腸が弱いって、デメリットだらけなので。
アトピーがどうとかよりも、腸内環境を整えるのは大事なことなんです。

 

 

 

ゆっくり食べる

ヨーグルトは冷蔵品なので、ゆっくり食べたいところです。
冷たいものは腸の機能性を低下させるので。

 

 

これはヨーグルトに限らず、冷たいものは腸の機能を低下させるので、ゆっくり食べたいところです。
よく夏は冷たいアイスを食べすぎて、おなかを壊すとかいいますよね。

 

 

ヨーグルトは乳酸菌を配合しているので、腸に良い食べ物です。
でも早食いや大食いなんてすると、腸が冷えて悪化しかねないので注意です。

 

 

冷蔵品だから
「食べる前に少し冷蔵庫から出しておく」
っていうのも手かもしれませんけど。

 

なんとなく自分は冷えているヨーグルトのほうが好きというか。
常温のヨーグルトは、あまり食べなれていないので…。
そこまでのことはしませんね。

 

 

でも常温のヨーグルトのほうが好みなら。
少し冷蔵庫からだしてから食べるのもいいかもしれません。

 

 

 

 

 

砂糖などは入れてもいいの?

ヨーグルトの種類によっては、甘くないものもあります。
自分は基本そういうプレーンヨーグルトをそのまま食べることが多いです。

 

 

でもこういうヨーグルトになると
「甘くなくておいしくないから、食べる気がしない」
という人もいると思います。

 

なので
「砂糖を入れてもいいの?」
と思うこともあると思うんです。

 

 

これは、できれば入れたくないんですけど。
おいしくないものを食べるというのは苦痛なので、入れてもいいと思います。

 

ただそうなってくると、もう別にヨーグルトでなくてもいいような気がします。
いや砂糖を入れたヨーグルトになると、腸に効果がないわけではないです。
乳酸菌を配合していますから、腸に良いものなんです。

 

 

でも無理してヨーグルトを食べる必要はないと思いますし。
砂糖なんかになると入れすぎると、逆に悪玉菌が増えかねないので…。

 

 

砂糖以外の甘味もありますよね。
そういうのを見つけることができるといいかもしれません。

 

 

マヌカハニーとか健康にいいとされているので、理想的な甘味ですけど。
ヨーグルトのためにマヌカハニーを買うとなると、もうマヌカハニーのほうがメインじゃん!!

 

マヌカハニーとか250gで2000円ぐらいしますからね。

 

 

はちみつやメイプルシロップとかは、砂糖よりはマシだと思いますけど。
そんなにアトピーに良いとも思わないので…。

 

 

そこらへんは難しいですね。

 

 

なにかを入れて食べるより、なにも入れないで食べれるようになるといいと思います。
はじめは抵抗があるかもしれませんけど。
だんだん慣れるというか、口の中がさっぱりして、甘くないものを好むときもくるような気がします。

 

でも子供だときついか。
子供には、カルピスの原液とか、ドライフルーツとかがいいかもしれません。
まぁそれらも、アトピーにいいのかというと疑問が残りますけど。

 

 

ヨーグルトはおいしく食べないと損なところがあるので。
ヨーグルトが好きでもないって人は、無理してヨーグルトを食べる必要はないと思います。

 

まぁ市販の飲むヨーグルトとか甘すぎるので。
それと比べると、ヨーグルトに砂糖を入れるのは許されるのかもしれませんねぇ。

 

 

 

 

 

食べ方で効果が変わるか?

そんな感じで、ヨーグルトはゆっくり食べれば大丈夫だと思います。
急いで食べると、冷蔵品なのでおなかを壊しそうです。
たったそれだけなんですけどね。

 

 

でもヨーグルトって生乳(牛乳)を醗酵して固めたものでしょ。
だから、噛んで食べるとかはないんですよ。
スプーンですくって口にいれたら、後は飲み込むぐらいしかすることがないんです。
アイスとかもそうですよね。

 

だから結構早く食べがちなんです。

 

 

なので、ヨーグルトの中に噛む動作を入れるために、ドライフルーツを入れるのはアリだと思います。

 

 

甘みにもなりますし、噛んで食べるようになるので、ヨーグルトを食べるのに時間がかかるようになります。

 

なので、ヨーグルトを早食いしてしまう人は。
ヨーグルトと一緒にドライフルーツを入れて、かむようにヨーグルトを食べるといいかもしれませんね。

 

まぁドライフルーツとか甘みが強いので。
ちょっと食べたら、パクパクヨーグルトを食べちゃいそうですけど。

 

うまくいえませんけど、ヨーグルトが米。
ドライフルーツが濃い味のおかずみたいな感じってことですね。
濃い味のおかずを食べると、米がすすみますよねぇ。

 

 

ただヨーグルトで腸が冷えることより、普段の食べ物や飲み物のほうに気をつけたほうがいいと思います。
特に飲み物に氷を入れている人は、それをやめるだけでアトピーがよくなるかもしれません。

 

 

ほんと、自分はアトピーにお茶がいいと聞いてお茶を飲んでいたんですけど。
昔は冷たい飲み物が好きだったので、お茶に氷を入れてガブガブ飲んでいたんですよ。
食後にいっつも下痢をしていましたからね。

 

で、冷たいお茶をやめて、ホットなお茶を飲みだしてからは、おなかの調子がすごく安定しています。

 

 

まぁいくら腸内を健康にしようとがんばっても、寒いと本領発揮できないんですよ。
だから、スポーツ選手も本番前にウォーミングアップをしますし。

 

手で氷を長時間触っていると、手の感覚がなくなりますよね。
冬に寒いと、手が動かなくなるのはわかると思います。
あたたかいのって大事です。