アトピーの食事にヨーグルト あたたかいお茶にしよう

【管理人イチオシのヨーグルト紹介記事はこちら】
アトピーの人におすすめのヨーグルト紹介記事

アトピーにヨーグルトをつけるべきか

アトピーは腸が弱っているから、ヨーグルトの乳酸菌が良いといわれています。
ただ、食事に無理にヨーグルトをつける必要はないと思います。

 

ヨーグルトはデザートに分類されて、食事でおなかいっぱいになるのなら、無理にヨーグルトを食べる必要もないと思います。

 

 

なのでアトピーの人は、食後にデザートがほしくなったのなら、ヨーグルトを食べればいいと思います。
ヨーグルトのアトピーへの影響力は、自分は毎日ヨーグルトを食べていますが、そこまで大きくないように感じます。

 

 

ヨーグルトより食事時におすすめしたいのが
【あたたかいお茶】
です。

 

食事時は飲み物を飲むと思いますが、これを冷たい飲み物からあたたかい飲み物に変えるだけで、おなかの状態はかなりよくなります。

 

 

 

あたたかい飲み物って、塩とか砂糖が入っているものが多いです。
そういうのはできるだけで避けて、できればお茶にしたいところです。

 

人間冷たい飲み物から、あたたかい飲み物に変えるだけで、ずいぶん体の調子はよくなりますよ。
ただ飲みすぎは注意です。

 

飲みすぎてアトピーが悪化するとかはありませんけど。
体が火照ると、アトピー箇所がかゆくなったりしますからね…。

 

 

 

 

 

理想な食事とは

アトピーの人って食事は周りの人と同じものでいいと思います。
毎日同じものを食べていると飽きるので、食事内容はみんな同じでいいと思うんです。

 

でもアトピーの人は、飲み物というかな。
そこで他の人とは差をつけたいところです。

 

 

でもこれって当然のことでは。
食事を食べに行っても、おなじものを注文したとしても、飲み物は人それぞれ好みがあります。

 

水で満足する人。
ジュースを飲む人。
コーヒーを飲む人。
お茶を飲む人。
それぞれ違いますよね。

 

アトピーの人は、あたたかいお茶が理想的です。
まぁなにを飲んでもいいと思いますけど、飲み物に氷を入れてキンキンに冷えたものはおすすめしません。

 

飲み物の温度で、かなり腸の機能の良し悪しは変わります。
夏に冷たいものを食べ過ぎて、おなかをこわしてしまうのと似たようなものです。

 

 

なので、アトピーってよく
「どんなものなら食べれるんですか?」
とか聞く人いますけど、別になんでも食べていいとおもうんです。
限度を守れば。

 

食事以外のところに気を使う価値はあると思います。
飲み物は毎日飲むものともいえますからね。

 

 

食事内容は毎日変わると思うんです。
でも飲み物は毎日同じものを飲む人もいるでしょ。

 

 

 

 

 

ヨーグルトは良いというだけの話

アトピーにヨーグルトというのは
「良い可能性がある」
っていうだけの話であって、アトピーが治るとかそういうわけではないんですよ。

 

 

たとえばプロ野球選手になるためには、筋トレなどのトレーニングが必須だと思いますが。
筋トレしていれば、プロ野球選手に確実に慣れるわけではないですよね。

 

人によっては、筋トレをさぼっても技術や他のトレーニングでカバーする人もいるかもしれません。

 

 

アトピーにヨーグルトが注目を集めるのは、単にネタがないとか。
アトピーに良いというか、健康に良いものが少ないので、手に入りやすく身近な食べ物のヨーグルとがあげられているのかと。

 

実際毎日ヨーグルトを食べる価値はあるのかもしれません。
自分もやっていますから。

 

でもそれで効果を実感できるのかというと、自分以外でも毎日ヨーグルトを食べている人って結構いると思うんですが。
それらの人が、効果を実感しているのかというと、疑問を感じます。

 

 

結局健康というものは、効果を実感するというよりも
「健康に良いと聞いたから…」
な感じで、なんとなくなんですよ。

 

だからヨーグルトを信じているのなら、ヨーグルトを続ければいいと思います。
たまに
「ヨーグルトを食べましたけど、なにも変わりませんでした」
なんていう人がいますけど、当然だと思います。
じゃないと毎日ヨーグルトを食べている人は、ものすごくなっちゃっているでしょ。

 

 

ただ人間、やらないとわからないというか。
未来のことなんてわからないので
「なんとなく」
な感じで続けるのだと思います。

 

お金だって、結局使うためにあると思いますし。
ヨーグルトなんて、値段がたかが知れているので
「ヨーグルトを買うお金がもったいない!」
という人は、なににお金を使うのならもったいなくないのかが気になります。

 

 

ヨーグルトを料理の隠し味に使うのもアリだと思います。
大事なのは乳酸菌の摂取で、乳酸菌は生きた菌が良いとされていますが、加熱して死菌になった乳酸菌でも効果があるとされているので。

 

ヨーグルトって実際、料理の隠し味として使われていたりするんですよね。
まぁそこらへんはクックパッドでも見てください。

 

 

自分は普通にそのままヨーグルトを食べています。

 

 

さっぱりしているので、食後のデザートとしてかなりいいと思います。
食事をとって口の中がこってりしているときに、甘いデザートになるとイマイチな感じがありますからね…。

 

 

なのでアトピーの人ってヨーグルトのことを
「アトピーを治す道具」
として考えていますけど。

 

実際はヨーグルトって普通の人も食べていますし。
毎日食べている人だって多いわけです。

 

アトピーのためって考えると損得がよぎるのであまり良くないと思いますね。
ヨーグルトなんてそんなに高いものでもないので、気になったら買えばいいだけの話なんですけどねぇ。